contens head

診療科目 MEDICAL CCOURSER

  • 診療科目

■小児歯科

ちゅうりっぷ歯科が特に力を入れている分野です。

歯科医になって岡山大学歯学部附属病院小児歯科学講座で入局し、医療の原点である治療の際互いの信頼関係を確立すること、および痛み(不快感)に対する配慮を惜しまないことを学びました。
今の大人の方には歯医者はどーも苦手でという方多くいらっしゃるように感じます。
今までの歯科医院にはこの2点が欠けていたのでしょうか。
お子様時代からの「歯科医院は怖い場所」が大人になってからの歯科医院は「悪くなってからでないと行きたくない」という悪習慣の元凶なのです。
何の説明もなしに、コミュニケーションもとらず、痛い治療をすれば、子どもは正直です。

ちゅうりっぷ歯科では、泣いてもさわいでも大丈夫!!

「うちの子は言うこと聞かないし」「大声で泣いたり、さわいだりして迷惑かけちゃいそう」
こういうことで遠慮してしまっているお母様も多いようです。でも、ちゅうりっぷ歯科は大丈夫です。
小児歯科専用診療室でスタッフは全員、「自分の子ならどうする?」と考えて子どもたち、お母様方に接しています。子どもたちにとって、歯医者さん はやっぱりちょっと苦手…泣いちゃったりさわいじゃったりしても当たり前です。ひとりひとりの子どもたちを思う熱い気持ちこそ、ちゅうりっぷ歯科の一番のこだわりです。

お子様のペースに合わせて治療を進めます

緊急性のある場合以外は、嫌がる場合は最初から削らずに、練習から始めるようにしております。
歯科医院は「楽しい場所」と認識し、「悪くならないために行く」という歯にとってとても良い習慣を持ってもらいたいのです。
私たちはお子さんにいつも笑顔で通っていただける診療室を目指しています。

いつも笑顔で、いつも元気に
いつも笑顔で、いつも元気に
line

■一般歯科 無痛治療

治療の際は無痛治療に最大限努めていきます。もちろん大人の治療も同様に。

お子様時代に、痛い治療、押さえつけられての治療を受け、「歯医者はすごく痛いもの」という先入観を持ち、歯医者嫌いのまま、大人になられた方がいらっしゃると思います。
表面麻酔を用い、可能な限り、痛みの無い・不安の無い治療に努めております。
著しく不安の強い方にも十分な対処が可能になりました。

無痛治療の手順

1 表面麻酔

表面麻酔は治療開始時におこなう麻酔注射針の刺入痛を最小限にとどめるために行う塗り薬です。その痛みを少しでも緩和させるため全てのケースで表面麻酔をしてから局所麻酔を行っています。
十分にその効果を得るために3分間以上十分な作用時間をおき、局所麻酔を行います。
表面麻酔薬は清潔さを重視するためチューブタイプのビーゾカインゼリーを使用しています。

表面麻酔

2 極力細い針の使用

当然のことながら、注射で使用する針が太いと痛みやすく、反対に細くなればなるほど痛みは起こりにくくなります。
デンツプライ注射針は、33ゲージという サイズの最小注射針で、針が刺さる痛みを感じにくく作られています。
上の採血用注射針と比べると大きさ・太さの違いが一目瞭然です。

極力細い針の使用

3 麻酔薬カートリッジウォーマー

麻酔液を注入する時に、体温と麻酔液に温度差があると、それが刺激となり痛みも大きくなってしまいます。
注射の前にこの機械で麻酔液を温めることで、麻酔時の痛みが減ります。

麻酔薬カートリッジウォーマー

4 電動麻酔器アネジェクト

手動の注射器では必要以上に力が入り麻酔液が体内に入っていく圧力が苦痛となりますが、電動麻酔器は、注入時に最もゆっくりと体内に麻酔の液を入れていきますから生体的に抵抗が少なく、注射されている感覚もほとんどありません。
(コンピュータ制御により、痛みが軽減される理想的な注入速度を自動的にコントロールされている。)

電動麻酔器アネジェクト

line

■小児矯正歯科

「お顔をきれいに成長させてあげる」「永久歯を抜かないで並べる」ということを大前提に矯正治療を行っています。

成長期にある子供たちは顎をしっかり成長させることによってきれいに顔を成長させ、
歯を並べることができます。
適切な時期に適切な治療をすれば、費用、期間も少なくすみます。
もちろん永久歯はなるべく抜かずに歯並び治したいですね。
適切な時期に治療を始めればそれも可能になります。
このように子供のうちに歯並びも管理しておいたほうがメリットが多いのです。

大事なのは治療の開始時期 9歳までに歯並びをなおそう
「歯を抜かないで並べる」「お顔をきれいに成長させてあげる」ということを考えるとどうしても低年齢からの治療となることが特徴です。
だいたい6〜8歳くらいがスタート時期になることが多いですが、もっと低い年齢でスタートした例もあります。それだけ歯医者さんとのお付き合いが長くなりますのでしっかりカウンセリングをして決めていく必要があります。

気になったらそれが治療開始の第一歩。しっかり相談して、子供たち一人一人のキャラクターに合った時期・方法を考えてあげましょう。

私たちたちは健康な永久歯を抜きたくはありません。
虫歯のない健康な永久歯がきれいに並んでいるお口になってもらいたいのです。

top
矯正手順

■治療前
緑の矢印が、ガタガタに生えてきた永久歯です。このままおいておくと、黄色矢印のところに押し寄せて歯が生えてきます。

矯正手順

■治療後
この子のように顎を拡げただけでがたがたは解消され(黄色の矢印)側方の永久歯も余裕をもって真っ直ぐでてきています。

bottom

●上の前歯が下に伸びているケース

治療前後です。きれいなお姉さんになりました。
治療前後です。きれいなお姉さんになりました。(写真をクリックすると拡大します)
下顎後退位でもあり、装置を入れ下顎が成長しています。
下顎後退位でもあり、装置を入れ下顎が成長しています。
お口の中です。前歯が圧下されているのがわかります。
お口の中です。前歯が圧下されているのがわかります。

正確な診断が第一。(セファロレントゲン分析プログラム)

セファロレントゲンとは世界共通の規格で撮影されます(右写真)。
子どもの正常な発育を促す矯正をして行く上で必須の検査です。
(普通の歯の治療を主とした歯科医院ではあまり置いてありません。)

このレントゲンには顔全体が写ります。
矯正歯科医用のセファロ分析プログラム(ウインセフ)を使って、顔の形、骨、気道、扁桃、舌などの大きさや位置関係を調べていきます。
歯並びを悪くしている原因を診断し、その原因を治療するため、治療後の後戻りが少ないのも当医院の矯正治療の特徴です。

パノーラ19セファロ
パノーラ19セファロ
セファロ分析プログラムウインセフ

第1期治療 機能、骨格の問題に対する矯正治療

第一期治療では、顎の骨を広げて、全ての歯が生えてくるスペースをつくります。
舌の位置や唇の形を好ましいものにできるように骨形態を改善して、 それぞれが正しい機能を発揮できるようにします。

まだ見ぬ顔を治す矯正治療
これによって、顎の骨がさらに好ましい成長パターンになります。
もし十分なスペースがとれて、しかも上下の顎の位置のバランスが良くなっていれば、永久歯は自然に生え変わり、自然とかみ合います。

第2期治療 歯の問題に対応する矯正治療

全体でよくかむことができ、長期に歯を維持できるかみ合わせは非常に大切です(右図)
上下の歯に理想的な『かみ合わせ』を作っていきます。
理想的なかみ合わせは、上下左右バランス良く並んでいて、かつ、部分的に過剰な力が
かからないような、かみ合わせにすることが、長期に歯を維持していく上で重要です。
歯を動かす装置を使って、歯の細かなコントロールをします。

顎を広げる装置です。このような装置でも3日ほどで慣れてくれます。こどもの適応能力にはいつも驚かされます。
良くないかみ合わせの弊害
line

■最先端の治療方法

M・I(ミニマム・インターベーション=最小限の介入)治療

私たちは、できるだけ削らなくてもよい処置を施して可能な限り歯を残す治療法を採用しています。
今までは、虫歯をけずり金属の詰め物をして固めていた…
これからは、小さな虫歯はわずかな治療で、 歯に近い色の詰め物をして短時間でキレイにすることができる。

金属の詰め物(左)/歯に近い色の詰め物(右)
line

■予防歯科

虫歯・歯周病で現在の歯を失いたくない方へ

虫歯、歯周病は毎日歯をみがけば予防できると思われていますが、日本の80歳の方が平均的に残している歯の本数が約7本というデータからもご自宅での歯みがきだけでは限界があります。このバイオフィルムは歯みがきでは落ちません。定期的にプロのスタッフによって機械的に取り除くことにより、虫歯や歯周病を予防できます。

■ 定期健診

欧米は常に予防歯科を受けて歯を大切にしており、歯医者は治療のためでなく、歯の汚れを除去したり、歯や歯ぐきの健康チェックと予防のため(メインテナンス)に歯医者に行くのが普通と考えているからです。 一方、日本人のメインテナンス率はわずか2%です。

■ 歯の寿命

右図「歯の寿命」は、歯の本数と、日本人の歯の平均寿命を表したものです。
磨き残しの多い奥歯から順に失っていきます。
しっかりとした臼歯がなくなると、根が細い、前歯は過重負担で支えきれなくなってしまいます。

自分や家族の歯の寿命を延ばすには…?

まずは自分の歯の本数、虫歯のリスク、歯周病の状態を正しく知ることから始まります。
そして積極的に定期健診(リスクチェック)、歯石取り(除菌・予防処置)を楽しく行っていくことです。

国別80歳の残存歯数
国別80歳の残存歯数
歯の寿命
歯の寿命
line

■歯科口腔外科、インプラント

歯がなくなると「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」のいずれかの方法で治療することになります。
歯科用インプラントとは、一般に、歯根の代用となる人工歯根のことです。
歯を失った場所の骨に、手術によって人工歯根(インプラント)を植立し、その上に人工の歯を取り付けます。インプラント本体は外科手術を行い、顎の骨に埋入されます。
埋入されたインプラントは、最短で4〜6週間の治癒期間で骨と結合します。

インプラント
インプラント
contents foot