岡山市北区下中野の歯医者・歯科/ちゅうりっぷ歯科

ご予約・お問い合わせ 086-241-2525
LINE 予約・お問い合わせ

診療のご案内

小児矯正歯科
小児歯科
顕微鏡歯科
予防歯科

顕微鏡歯科

最先端歯科医療を
追求しています。

ちゅうりっぷ歯科では、歯科用マイクロスコープ、口腔内光学スキャナといった最先端の医療設備を導入することで、治療効果が高い、治療期間も短縮できるといったメリットと、画面や動画など目で見て説明できるため治療内容の情報共有が可能になり、安心して治療に専念できます。

マイクロスコープ
(カールツァイス社PROergo)

マイクロスコープ(カールツァイス社PROergo)

より高度な治療が可能になります。

マイクロスコープは医科の手術で用いられるような顕微鏡を歯科領域にも使うことで精度の良い治療が可能となります。
ルーペより拡大倍率も違い、様々な治療の更なるレベルアップも期待されますが何よりルーペと最も違うところは動画を用いた患者さんへの説明です。術者が見ている口腔内拡大下の映像は、患者さんは口の中が見えないので何の治療をされているか判らないものですが、動画で患者さんにも共有されるため判りやすいと評判です。

口腔内光学スキャナ
/小児矯正治療(TRIOS3)

口腔内光学スキャナ/小児矯正治療(TRIOS3)

歯型取りが従来に比べ快適で
患者さまの負担が少なくなりました

口腔内の印象を採得するためには以前は粘土のようなもので歯型をとっていました。
嘔吐反射が出やすいなど歯科が苦手になる要素の一つだったのですが、光学スキャナを使って高速で1000枚近くの写真を撮りコンピューター上で3D合成することが可能となりました。

3Dプリンターを使って模型にすることも可能で、ジルコニアのかぶせも矯正装置も作成できます。

料金表

ジルコニア
70,000
セラミック
50,000~150,000

※クレジットカード使用可能です(保険外診療時)

治療の際は無痛治療に
最大限努めています。

お子様時代に、痛い治療、押さえつけられての治療を受け、「歯医者はすごく痛いもの」という先入観を持ち、歯医者嫌いのまま、大人になられた方がいらっしゃると思います。
表面麻酔を用い、可能な限り、痛みの無い・不安の無い治療に努めております。
著しく不安の強い方にも十分な対処が可能になりました。

無痛治療の手順

1.表面麻酔

表面麻酔は治療開始時におこなう麻酔注射針の刺入痛を最小限にとどめるために行う塗り薬です。その痛みを少しでも緩和させるため全てのケースで表面麻酔をしてから局所麻酔を行っています。
十分にその効果を得るために3分間以上十分な作用時間をおき、局所麻酔を行います。
表面麻酔薬は清潔さを重視するためチューブタイプのビーゾカインゼリーを使用しています。

ビーゾカインゼリー

2.極力細い針の使用

当然のことながら、注射で使用する針が太いと痛みやすく、反対に細くなればなるほど痛みは起こりにくくなります。
デンツプライ注射針は、33ゲージという サイズの最小注射針で、針が刺さる痛みを感じにくく作られています。
上の採血用注射針と比べると大きさ・太さの違いが一目瞭然です。

極力細い針

3.麻酔薬カートリッジ

麻酔液を注入する時に、体温と麻酔液に温度差があると、それが刺激となり痛みも大きくなってしまいます。
注射の前にこの機械で麻酔液を温めることで、麻酔時の痛みが減ります。

麻酔薬カートリッジ

4.電動麻酔器アネジェクト

手動の注射器では必要以上に力が入り麻酔液が体内に入っていく圧力が苦痛となりますが、電動麻酔器は、注入時に最もゆっくりと体内に麻酔の液を入れていきますから生体的に抵抗が少なく、注射されている感覚もほとんどありません。
(コンピュータ制御により、痛みが軽減される理想的な注入速度を自動的にコントロールされている。)

電動麻酔器アネジェクト
TOP